ROLIS

円筒面検査装置 ROLIS 

ROLISの最大の特徴は、深さの伴う円筒内周面・外周面を高速で転写撮像できることです。
また、当社独自の画像処理システムを用いることで、転写撮像により得られた展開画像データをもとに、円筒面に発生した鋳巣・キズ・打痕・残留異物などの加工不良を自動的に検出することができます。

さらに、当社はビジョンセンサのメーカではなく、全てを自社にて設計・製作している自動機のメーカであるため、搬送装置などを含めたトータルパッケージでのご提供が可能です。


 ROLIS を導入し検査を自動化することにより、このような大きなメリットが生まれます。

   人件費を減らすことができます。

   検査基準の個人差が無くなります。

   人的要因による、見落しなどの検査ミスを無くすことができます。


撮像サンプル   画像をクリックで拡大します
ROLIS 撮像サンプル
 

  
ROLIS 撮像サンプル


Loris
  ロリス

ROLISという名称は、Rolling(回転)とIris(虹彩)に由来しています。
また目の大きな小型猿類、スローロリス(Loris)をイメージしています。




■ROLIS TOP
■ラインナップ・撮像原理
■ソフトウェア
■カスタムメイド・搬送機構の設計
■導入の流れ

ROLIS 製作例


■お問合せ先■

ユキ技研株式会社 検査装置事業部
〒487-0032 愛知県春日井市高森台4丁目8-42
TEL 0568-94-2801 / FAX 0568-94-2802
info@yukilabo.co.jp